トップページ園の概要>園長挨拶

 

説明文

園長挨拶

東京都七生福祉園は、東京都が設置し、運営は指定管理者として、社会福祉法人東京都社会福祉事業団が担っている社会福祉施設です。

当園の事業は、児童を対象とする福祉型障害児入所施設と、成人を対象とする障害者支援施設(施設入所支援、生活介護、自立訓練(生活訓練)及び就労移行支援)の二つに大きく分かれます。このほか、短期入所事業、共同生活援助事業(グループホーム)、特定相談支援事業などにも取り組んでおります。

また、日野市にある社会福祉施設としての役割を果たすため、日野市をはじめとする地域の多様な主体と連携し、知的障害者就労支援事業(日野わーく・わーく)や、地域生活支援事業(日野市障害者等相談支援事業)を実施するなど、地域福祉の向上に貢献する事業も行っております。

園事業の運営にあたっては、利用者の皆さん一人ひとりの人格と個性を尊重し、皆さんが安全で、安心して、楽しく、快適に日常生活や社会生活を送ることができるよう支援することを基本に進めています。

このため当園では、適切なサービスの提供を支えるための基盤となる人材の確保・育成や、権利擁護の取組強化、感染症対策・防災対策などのリスクマネジメントの徹底、暮らしやすい生活環境の整備等により、運営体制の充実強化を図っております。

今後とも、職員一丸となって利用者サービスの一層の向上に努めてまいりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人東京都社会福祉事業団

東京都七生福祉園 園長 多田 菜穂

ページトップへ